告白

告白してくれない草食男子を後押しして上手に告白される方法とは?

更新日:

告白してくれない草食男子を後押しして上手に告白される方法とは?

お互い両思いだということは何となくわかっているのに、なかなか向こうから告白してくれない場合ってありますよね。特に女性は、できれば告白は男性からしてほしいと待ちわびていることもあります。

でも、女性側も待っているだけで何もしないでいると、そのままになってしまって、結局付き合えない可能性もあります。

そこで今回は、なかなか告白してくれない草食男子を後押しして、上手に告白される方法についてご紹介したいと思います。

 

告白してくれない相手にはとにかく自分からアピールしよう!

告白してくれない草食男子を後押しして上手に告白される方法とは?

最近は草食男子と言われる男性が多く、なかなか恋愛に積極的になる人が少ない傾向にあります。

ですから、できれば自分が傷つくリスクを回避したいと思い、確実にOKがもらえるとわかった段階でしか告白する気が起きないという考えの方も多いのです。

スポンサーリンク

そのため、そうした草食男子が相手の場合には、自分も相手のことを好きだということをちょっとわざとらしいくらいにアピールしましょう。一番良いのは、共通の友人などに協力をしてもらって、両思いであることをそれとなく相手に伝えてもらうことです。

そうすれば必ずOKがもらえる保証ができたと思い、相手も安心して告白してくる場合が多いのです。

 

告白のタイミングをつくってあげよう

告白してくれない草食男子を後押しして上手に告白される方法とは?

告白してくれない人の傾向としては、タイミングを失ってしまっている可能性があります。一度タイミングを逃してしまうと、また同じ状況になるまで機会を伺っているのです。

そうした方の場合は、こちらからタイミングを提供してあげるとよいでしょう。例えば、デートに誘ったり、ムードのよい静かな場所に行きたいと言ってみたり、あるいは職場などでも2人きりになるシチュエーションをつくってみてもよいです。

こうして何回か、タイミングをつくっておいてあげると、なかなか告白してくれない人でも自然な流れで気持ちを伝えられるでしょう。

 

日常のちょっとしたことを褒めてあげよう

告白してくれない草食男子を後押しして上手に告白される方法とは?

相手がなかなか告白してくれないのは、もしかすると自分に自信がないのかもしれません。

過去の恋愛がトラウマになっていたり、あるいは容姿や才能に自信がもてていなかったりすると、両思いだとはわかっていてもいまいち踏み切ることができないこともあります。

相手がそのように自信を失くしているなら、電話やメールなど、こまめに連絡をとって日常のちょっとしたことを褒めてあげると自信をつけることができるでしょう。

過去の恋愛がトラウマになっている場合は、その人と自分は違うということを必ずアピールし、容姿や才能に自信がもてていない場合は、「私は○○だと思うよ」と自分は良いほうに思っているということを相手に伝えましょう。

スポンサーリンク

特に男性は単純な考えの方が多いので、こうした褒め言葉に弱い傾向があります。聞き上手になって、相手が何に悩んでいるかを把握しましょう。

 

告白してもらうためのタイミングを作ろう

告白してくれない草食男子を後押しして上手に告白される方法とは?

告白してくれないのではなく、したくてもできない状況にある可能性もあります。それは勉強や仕事など、恋愛以外のことのほうが忙しいためです。

こういう方の場合は、今はそっとしておいてあげるのが一番良い方法です。告白を急かしたり、やたらと会う約束を取り付けようとするのは逆効果です。

特に女性は、「少しの時間でも会いたい」と連絡する傾向がありますが、勉強や仕事に忙しい場合は、そうした連絡さえもうっとおしいと思われてしまうこともあります。

ですから、毎日連絡をとるのではなく向こうからの連絡待つか、返事をしなくてもいいような内容のメールを3日に一度程度送るとよいでしょう。

いかがでしたか?告白してくれない相手をその気にさせるのはなかなか難しいですが、これらの方法を使えば、相手の気が変わるかもしれません。ぜひお試しあれ!


関連記事

-告白

Copyright© 告白に成功しよう!相手に想いが伝わる告白の仕方まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.