告白

告白をメールで成功させよう!OKをもらうための4つの法則

更新日:

告白をメールで成功させよう!OKをもらうための4つの法則

好きな人への告白は、メールでもよいのでしょうか?この疑問は、インターネットでもさまざまな議論が展開されています。確かに好きな人に思いを伝えるのなら、直接のほうが気持ちは伝わりやすいかもしれません。

でも、ケータイを持つのが当たり前になり、仕事の約束でさえもメールでやりとりすることもあるこの時代ですので、告白だってメールでしたって問題はないはずです。

そこで今回は、告白をメールで成功させて、OKをもらうための4つの法則についてご紹介したいと思います。

 

メールで告白する時は、シンプルがベスト!

告白をメールで成功させよう!OKをもらうための4つの法則

直接会って気持ちを伝えるときは、口頭で伝えるわけですから話が少し長くなっても思いが伝わればよいのですが、それがメールだとかなり長文になってしまって逆に気持ちが伝わらないこともあります。

ですから、内容はとにかくシンプルに「好き」ということと「付き合いたい」ということだけを盛り込んだ文面にしましょう。そのほうが真剣な思いも伝わりますし、相手もきっとドキッとするのではないでしょうか?

スポンサーリンク

また、最後に返事がほしいということも伝えましょう。返事がないほど辛いものはありません。きちんと読んでくれたのかもわからないので、もしダメな場合でも返事だけはしてほしいときちんと文に入れましょう。

 

メールに絵文字はNG!言葉で気持ちを伝えよう

告白をメールで成功させよう!OKをもらうための4つの法則

メールは、言葉だけで思いを伝えなければならないので、送った人と送られた人の表情が見えないのが難点です。

告白メールは、真剣であることをアピールすることが求められるので、無駄に絵文字を入れるのは好ましくありません。本気なのかふざけているのかわからないと思われてしまう可能性があるのです。

自分の表情を伝えようと顔文字を入れようとする人もいますが、これも絵文字と同じで真剣さに欠けてしまいます。言葉だけで思いを伝えましょう。

 

メールで告白するなら断然夜がおすすめ!

告白をメールで成功させよう!OKをもらうための4つの法則

送る日は、平日か休日かでいうと相手の職業にもよります。でも、休日前の平日や休日が無難だと言えるでしょう。

平日の仕事中に告白メールを送られても、相手は真剣に考える暇もないかもしれませんし、迷惑に思うかもしれません。ただ、休日は休日で出かけていたりする可能性もあるので、相手の予定をそれとなく周りから聞いておいたり、直接本人に聞いてみるのもよいと思います。

また、時間帯はできれば夜のほうがよいでしょう。実は、昼と夜で告白をした場合、夜のほうが成功率が上がると言われているんです。これは、メールでも同じことが言えると思います。

夜のほうがゆっくりとくつろいでいることが多いので、そうした気持ちに余裕のあるときに告白をされたほうが、誰だってうれしいですし、真剣に返事を考える余裕もあると思います。

 

メールで告白しても返事がないときの対処法

告白をメールで成功させよう!OKをもらうための4つの法則

スポンサーリンク

送ったのに返事がない場合は、相手が本当に悩んでくれているのかもしれませんし、このまま返事をしないでなかったことにしてしまおうと思われているかもしれません。

ですから、1週間くらい経った時点で何も返事がなければ、もう一度読んだかどうか確かめてみるとよいでしょう。また、確かめるときはメールでもよいですが、電話や直接会うとより確実です。

いかがでしたか?好きな人に思いを伝えるのは簡単なことではありませんが、どういう手段を使うにしても、真剣な思いが伝わればよいのです。メールもその手段の一つと言ってよいでしょう。


関連記事

-告白

Copyright© 告白に成功しよう!相手に想いが伝わる告白の仕方まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.